ホーム > 企業情報 > 三岐鉄道(株)

企業情報

三岐鉄道(株)

UPDATE情報登録日2017年5月15日
1931年7月に富田~東藤原間で運輸営業を開始した鉄道部門の他、乗合・貸切バス営業や旅行業を行う自動車部門、東名阪自動車道EXPASA御在所と東名高速道上郷サービスエリアでの飲食店・売店やガソリンスタンドなどを営業する事業部門という3つの営業部門と80年を超える歴史を持つ会社です。
現在私鉄では数少ない貨物輸送も行う三岐線と、近畿日本鉄道株式会社から譲受した全国的にも珍しいナローゲージである北勢線という特徴ある2つの路線を基盤として、これからも市民生活に密着した企業活動により、地域と共にさらなる発展を目指します。

パーク&ライドや特色ある駅づくりで、地域に密着した鉄道を営業
 “地域とともに歩む”をモットーに、三重県北勢地域において2本の鉄道路線を営業する三岐鉄道では、少子化・高齢化社会に対応し、各駅で無料駐車場・駐輪場を整備してお客様が駅にアクセスしやすい環境を作るとともに、三岐線での自転車を無料で電車に持ち込むことができるサイクルパスの運行など、お子様からお年寄りの方まで気軽に電車を利用できるように、様々な取り組みを実施しています。
 また、様々な鉄道貨車や貨物輸送関連の展示品を収蔵する“貨物鉄道博物館(丹生川駅)”、地元で生産された作物などを販売する“ふれあいの駅うりぼう(大泉駅)”など、地元の住民やボランティアの方々が各駅の活性化に寄与されており、地域に根ざした鉄道として親しまれています。
【主力事業】
鉄道・バスによる通勤・通学などの重要な地域の公共交通を担うとともに、地球温暖化の原因といわれるCo2の削減に寄与する鉄道貨物輸送を行っています。
【ここがポイント!】
当社は1931年の富田-東藤原間での運輸営業開始以来、三重県の北勢地域を事業基盤とする地域密着企業です。
通勤・通学を中心とした地域の重要な公共交通を担い、Co2削減に寄与する貨物輸送が健在であるほか、サービスエリア部門での事業拡大など積極的な経営を行っています。
主力事業
会社概要
事業内容 ●鉄道業
三岐線(近鉄・JR富田~西藤原 27.6㎞)、北勢線(西桑名―阿下喜 20.4㎞)による旅客および貨物の輸送
●自動車事業
乗合バス(営業キロ48.4㎞)、貸切バスによる旅客の輸送
●旅行業
国内旅行、海外旅行など各種旅行の企画営業
●サービスエリア事業
東名阪道自動車道下り線【EXPASA御在所】、東名高速道下り線【上郷サービスエリア】での飲食店・売店営業
●石油販売業
コスモ石油の特約店として【あかつき給油所】を営業
●不動産業
あかつきプラザビル、沿線に所有する駐車場など、自社物件の不動産賃貸業
●商事業
飲食店への食料品等の販売を中心に各種商品を販売
設立 1928年9月
代表者 取締役社長 日比 義三
資本金 4億円
売上高 52億4百万円(平成27年度)
従業員数 378名
平均年齢 36.0歳
本社所在地 四日市市富田3-22-83
事業所 (営業所)
関連会社 三岐通運㈱、㈱中村組

連絡先

人事担当者からのメッセージ

三岐鉄道(株)

所在地

〒510-8014 三重県四日市市富田三丁目22番83号

Tel

059-364-2141

Fax

059-364-2142

URL

http://www.sangirail.co.jp

E-mail

roumu@sangirail.co.jp

担当

田尻・日沖
Copyright c 四日市商工会議所 三重就職NAVI, All Rights Reserved.